資料請求
Interview
第一線で活躍中の
先生が揃っている

ゲームクリエイター科

2年生

市川 凛/ いちかわ りん

千葉県立千葉商業高等学校出身

第一線の企業と同じ、
本格的なツールで学べるゲームクリエイター科

ゲームクリエイター科を志望したきっかけは?

小学生からゲームに興味があり、ゲームを作るのが好きでした。『リトルビッグプラネット』の自作ステージや、『メイドイン俺』のシンプルなゲームを作っていました。『リトルビッグプラネット』は自分が作ったステージを世界に発信し、みんなに遊んでもらえるんです。その反響がうれしくて「将来はゲームの仕事がしたい」と思い、ゲームクリエイター科がある専門学校を探していました。最初は東京にある学校を検討していたんですが、国際理工情報デザイン専門学校のゲームクリエイター科の存在を知り、国際理工なら自宅から通えるので、通学時間を学校の課題や個人制作に使えると思い、入学を決めました。
オープンキャンパスに参加したとき、設備のよさが印象的でした。PCに入っているツールが大手のゲーム開発企業と同じ本格的なものだったんです。ゲームクリエイター科ではそれを使って学習できるところが気に入りました。

第一線で活躍中の
先生が揃っている

授業ではどんなことを学んでいますか?

ゲームクリエイター科では、ゲーム業界の仕事に必要な知識を幅広く学んでいます。いろんな授業があり、専門別に6~7人の先生がいます。最初、てっきり先生は現場で2~3年働いた人なんだろうと思っていましたが、いまも現役で活躍しているすごい人ばかりで驚きました。先生のゲーム業界とのつながりを活かし、課題として学生が制作したゲームに対して企業からフィードバックをもらえる機会もあります。中には「これならすぐに働けるよ」という嬉しいコメントもあったりします。
ゲームクリエイター科は2年生からプログラムとグラフィックにコースが分かれるんですが、私はプログラムコースを選びました。いまはゲーム業界でよく使われるC++というプログラム言語を学んでいます。サーバー系の授業では、PHP、HTML、SQLにも触れます。
いまの授業は、課題がメインですね。先生から与えられたゲームや自分が好きなゲームを選んでプログラムで再現します。私はインディーズで有名な『Baba Is You』というパズルゲームを選びました。パズル系ゲームは一癖あって結構難しかったんですが(笑)、そこがおもしろいと思いました。

制作側のこだわりが
伝わるタイトルに携わりたい

将来はどんな仕事をしたいですか?

就活が始まるのは来年からですが、今年はインターンを経験してみたいと思っています。大企業から中小企業まで、それぞれどんなスキルが必要かを把握し、自分にあった規模をみつけたいと考えています。
具体的なビジョンはこれからですが、将来はゲームの企画を考えるパブリッシャー側に行けたらうれしいですね。最近のタイトルでは『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE | 隻狼』の操作感や世界観、制作側のこだわりや熱量に感動しました。私もこういう見た目が美しくて、いかにもゲームを作っている実感があるアクション系のタイトルに携わるのが夢です。

これから入学する生徒さんへのメッセージは?

ゲーム業界は実力で評価される業界なので、可能であれば入学前からPCや開発ツールに触れておくといいと思います。授業だけでなく、自分が身に着けたプラスアルファのスキルを持っていると、就職の幅がより広がると思います。

OPEN CAMPUS
オープンキャンパス
あなたのやりたいがきっと見つかる

資料請求

DOCUMENT REQUEST

パンフレット、募集要項、入学願書一式を無料でお届けしています。
Webフォームよりお申込みください。