資料請求
Interview
試験を受けることで、
自分の能力が把握できる

情報システム科

1年生

長田 彩佳/ ながた あやか

屋久島おおぞら高等学校出身

2年間で卒業し、社会人として
活躍できる情報システム科へ

情報システム科を志望したのはなぜですか?

私の父はシステムエンジニア(SE)として、工場の機械制御に携わっていたんですが、その仕事に憧れがありました。たまに自宅で会社から持ち帰った仕事をしているのをみて、かっこいいなと思っていました。
学校を検討していた昨年の5月ごろ、体験入学に参加しました。施設案内や体験授業がありました。情報システム科、ITスペシャリスト科のどちらにしようか迷い、体験入学には2回参加しました。体験授業はほぼ同じような内容だったんですが、ITスペシャリスト科は4年制、情報システム科は2年制という違いがありました。いろいろ検討した結果、2年間で社会に出られるほうがいいかなと思い、プログラマーやネットワークエンジニアを目指す情報システム科を選びました。

試験を受けることで、
自分の能力が把握できる

授業ではどんなことを学んでいますか?

入学したばかりでまだわからないことだらけですが、授業ではいまJavaのプログラミングを学んでいます。7月に国家資格である基本情報技術者試験があるので、合格に向けてがんばっているところです。プログラミングは入学するまで経験がなかったので、授業を通して1つひとつ理解を進めているところです。
私がいる情報システム科のクラスは45人。ほとんどが男性で、女性は私を入れて3人です。入学したばかりなので仲良くなるのはこれからだと思いますが(笑)、休み時間にシーンとしていることはなく、みんな少しずつコミュニケーションをとっていると思います。
国際理工には部活がたくさんあるので、キャンパスライフが充実しそうです。情報技術者試験対策を目的とした部活もあり、そこでは試験の2週間くらい前からみんなで一緒に勉強をして合格を目指します。入部は強制ではなく希望者のみですが、私も入っています(笑)
合否に関わらず、試験を受けると自分の能力を客観的に把握できていいですね。

自分のプログラムで
誰かの役に立ちたい

将来はどんな仕事をしたいですか?

まだ業界や業種まで絞り込めてはいないんですが、卒業後は父のようにシステムエンジニア(SE)として働きたいですね。自分が作ったものをほかの人が使ってくれて、それが誰かの役に立てたら、おもしろいんじゃないかなと感じています。

OPEN CAMPUS
オープンキャンパス
あなたのやりたいがきっと見つかる

資料請求

DOCUMENT REQUEST

パンフレット、募集要項、入学願書一式を無料でお届けしています。
Webフォームよりお申込みください。